FC2ブログ

ひげとボヨン

最近、記事の”続きを読む”を押すと、 記事がすっげー下の方に表示されたりします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんの前触れも無く麻雀について語ります。
GW中に10時間の徹麻打ったんですけど、その時に珍しい役が2つ出たので。


この続きは麻雀分からない人には絶対に分かりません。
時間の無駄確定ですw。


①三連刻
俺の親番時、四暗刻のイーシャンテンまでいったんですが、自力ではテンパイ出来ずに一鳴き入れて対々三暗刻のテンパイになりました。
それもツモる事無く、結局は対々のみのアガリになったんですけど、良く観るとピンズの7,8,9が刻子。

これは雀荘では決して認められること無い役”三連刻”です。
ニ翻役なんですが、大車輪や百万石と一緒にマイナー役として忘れられつつある役です。
ちなみに”四連刻”は役満。


この日の麻雀ではコレを認めると”四連刻”や”紅孔雀”まで役として認めなきゃいけないと判断し、ノーカウントでしたがw。


ちなみに、ウィキペディアの”四連刻”の説明で”最近では比較的和がりやすい役満なので採用されない傾向になりつつある。”と書いてありますが。。。
この役全く上がりやすくないです。
大三元の10倍キツイです。
大四喜のさらに上です。


まず集める刻子が4枚。
さらに数牌を集めなきゃ行けないんですが、字牌と違い順子として使える数牌は河に出る機会が少ないです。
連続する4つの数字が一箇所に集められたら、他の人が使えないと判断して鳴けるんじゃないか?
と、思われる方が居るかも知れませんが、それを判断出来るのは副露してる時初めて判断できるもの。
この役はアタマ以外が一色でなければいかず、清一、混一と同様に臭い捨て牌になります。
そんな捨て牌に狙っている色を切ってくれる人は中々いないでしょう。


何故、3連刻と4連刻が一般的なルールから外れてしまったか。
それは両方とも滅多に出ることは無いから、忘れられていったのでしょう・・・。
可哀相にw。


②三色同刻

もう1個の珍しい役です。
三色は三色でも同順ではなく同刻です。
これは一般的なルールにも乗っていて知らない人は居ないでしょうが、非常に珍しい役です。
今までの人生で2回しか見た事無いです。


俺の対面が一筒と一萬ポンしてて、すでにテンパイ気配。
まあ役牌は結構場に出てたので、チャンタだけ気をつければ良いやと思って六萬切ったらあたりました。


手配は一索が暗刻、三萬がアタマで78萬で待っている。
結局、役は三色同刻のみで2600。
こんな珍しい役この値段で見れるなんてっ!!
と思い喜んで払いました。


さてさて、この三色同刻の2翻って妥当ですかね?
正直、これも大三元より難しいです。
理由は四連刻と同じで数牌を使っての刻子を作らなきゃいけないから。
しかも、この役は三連刻や四連刻と違い、周りの牌を抑えてない分、他の人が順子として使えるので、鳴ける可能性が低いです。
中張牌なら特に。


このように麻雀の一般ルールに乗ってる2翻役に3つほど割に合わない役があります。
四暗刻、国士無双、大三元のアガリやすい役満BIG3の対極です。
順位をつけて紹介すると・・・


3位:混老頭
たまーーーーに出る。
この役良く考えると混一色(ホンイツ)より難しいんですよね。
ホンイツは字牌+1~9×4=64枚の有効牌ですが、
ホンロウは字牌+1,9×3×4=52枚しかありません。
さらに刻子としてしか使えないので、ホンイツよりも非常に難しいです。


混老七対で6400とか報われない点数ですね。
清老頭は文句なしの役満ですが、コレも有効牌の数(字牌7枚、老頭牌6枚)+数牌って事で字一色より難しいです。


2位:三色同刻
今回紹介した幻の役。
この役よりもレアな役が、↓。


1位:三槓子
はい、これはもう役満でも良いんじゃないか?
と思うほどの絶滅危惧種です。
上がりやすい役満BIG3よりかなり上の難しさです。


実は学生時代1回だけ見た事あります。
そいつが1つ暗槓、2つ明槓であがったんだけど、役が三槓子のみで点数計算に苦労しました。
確か2翻90符で誰も点数が分かりませんでしたw。
(正解:8700点(親))


この上に四槓子がありますが、哭きの竜か当大介@ノーマーク爆牌党しか上がれないでしょう。
一般ルールにのってる役満の中でも一番難しい、まさに中国四千年幻の役満!!
昔は4つカンしただけで役満だったらしいですが、今では単騎を上がりきらないと認められないとか。
出たら東スポの1面飾る位の珍事ですよ。


俺的には混老頭4翻、三色同刻4翻、三槓子役満、四槓子削除で良いと思うんですけどね。。。
(全て食い下がり無し)


それでは最近、5号機のボンバーマンと超お父さんが打ちたくてしょうがないnurukanでした。
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル
コメント

ちょっ・・・
知らない役がいっぱい出てきた(T_T)
三連刻は きいた事もないかもです。
超お父さんは 私も打ってみたいです^^
↑かなり面白いって評判ですよ^^
2006/05/11(木) 21:07:37 | |miki♪ #9fN258Kw[ 編集]

紅孔雀って、どんな役?確かに三色同刻は
二翻は安いよね・・・同順と一緒って、食い下がりは
ないものの、納得いかないかも~。
ダイエット勝負勝利、おめでと☆力いれて、スロ復帰だね!
2006/05/11(木) 22:21:50 | |みぽ♪ #-[ 編集]

紅孔雀って初めて聞きました。僕も麻雀歴は10年ちょいありますが、なんでしょう?w
最近はご無沙汰です。
今度打ちますか(ワラ
2006/05/11(木) 22:43:24 | |ビタ押し強打の介 #-[ 編集]

>miki♪さん

スロットの調子が悪いので麻雀ネタで引っ張ってますw。
超お父さんは敵の怪人が3匹いるみたいなんですけど、
鷹:アルゼ
蛙:山佐
ライオン:サミー
を表してるみたいですねw。
頑張れSNK!!

ちなみに、俺が超お父さん打ちたいのは萌え萌えといわれるおふろタイムが見たいから。
と、いうのは内緒ですw。

>みぽ♪ちゃん

同じ三色なのに同順と同刻じゃえらい違いです。
初期のタッチのカッちゃんとタッちゃんのようなものです。
でもタッちゃんと違い、三色同刻の方は日の目を見ることは無いでしょう・・・。
可哀想な三色同刻。

せめて地元でやる時は役満扱いで待遇してあげようと思います。
まず出ないから関係ないけどw。

>ビタさん
スロットで1万負けっつーと、あんまり悔しくない。
と、言うか1万ですんで良かった・・・。
とか思っちゃいますけど、麻雀で1万負けるとすんげー悔しいですよね。

何ですかね、あの感情はw?

徹麻じゃなくてレートがピン以下なら付き合いますよー。
リャンピンとかだと怖くて打てないですw。
(^^;)

>みぽ♪ちゃん&ビタさん

お2人から質問された”紅孔雀”について解説。
紅孔雀は緑一色と対になる役です。
使用する牌は緑一色で使われなかった牌、つまり1索、5索、7索、9索と字牌の中です。
ソーズの1,5,7,9と中は赤が使われてるので”紅”、1索の鳥から”孔雀”で”紅孔雀”。

ついでに、この役はトップクラスの難易度の高いです。
緑一色は6種類の有効牌があり、2,3,4が順子で使えますが、紅孔雀は刻子でしか使えない。

さらに、字一色は7種類、清老頭は6種類有効牌があるのに対し、紅孔雀は5種類。

しかも中張牌も含まれていて、ソーズ限定と超シビアな条件。
四槓子の次くらいに難しいです。
そして万が一上がったとしても、誰にも認めてもらえないw。

トリビアの一種だと思って、覚えてあげて下さい。
そうすれば”紅孔雀”君も少しは救われますw。
2006/05/12(金) 01:12:34 | |nurukan #-[ 編集]

なるほど!
紅孔雀理解しました。
レートはピンです!
勝負じゃ!←弱いよw
2006/05/12(金) 19:26:28 | |ビタ #-[ 編集]

>ビタさん

ちなみに、俺のコードネームは七対職人w。

って、あんまり強そうじゃないですね。

とりあえず、ハンゲームで対極してみますかw?
2006/05/14(日) 22:37:32 | |nurukan #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nurukan.blog35.fc2.com/tb.php/153-620a934a
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。