ひげとボヨン

最近、記事の”続きを読む”を押すと、 記事がすっげー下の方に表示されたりします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、会社のキーボードにウーロン茶を吹いてしまいました。

Mr.Childrenとthe pillowsが、全国6都市のライブハウスを廻るツアー「Mr.Children & the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~」を行うことが明らかになった。
9月26日(火)Zepp Nagoyaを皮切りに、全国6か所のZeppで7公演行われる。


マジでかーっ!?
っつーか、これ8月14日のニュースなんですが・・・。
知るの遅すぎ。

ミスチルといえば、日本最強のバンドの一つですよ。
ミスチル、サザン、B’zは野球選手で言うなら、イチロー、松井、野茂みたいなもんですよ。

一方、pillowsと言えば、長くやってるけど、地味。
玄人受けするけど、売れない。
野球選手で言うと西武の高木浩之みたいな感じですw。

そして、俺が日本の中では一番好きなバンドでもあります。

     続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Mr.Children - ジャンル:音楽
久々の本の紹介。
最後に紹介したのは暗くて重いノンフィクションの金字塔”心臓を貫かれて”。
その次にこんなものを紹介して良いんだろうか?
という位に馬鹿馬鹿しい小説です。
でも、おもしろいんだからしゃーない。

kamohoru.jpg

鴨川ホルモー
万城目 学
産業編集センター



とにかく突拍子もない設定の話です。
よくこんな小説が書けたものだなと、作者の鬼才ぶりに頭が下がります。

京都大学に入学した内向的な主人公が、ある怪しいサークルに勧誘され、ホルモーという競技に巻き込まれていくという青春小説。

この1文だけ読むと、普通そうに見えますよね。
ある一箇所を除いて。
その一箇所が題名にもなってるホルモーという言葉です。
ホルモンとは全く関係ありません。

     続きを読む

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学
久々に本のレビューです。
かなり感想が書きにくい本なんですが・・・。

breakthrough.jpg

『心臓を貫かれて』(上・下巻)
著:マイケル・ギルモア
訳:村上春樹
文春文庫


1976年夏、僕の兄ゲイリー・ギルモアは何の罪もない人を二人殺した。判決は死刑。ゲイリーは銃殺刑を希望し、執行された。何が兄を殺人に駆り立てたのか?長男フランクの失踪、次男ゲイリーの殺人、三男ゲイレンの変死を引き起こした、暴力と恐怖と失意に満ちたギルモア家のトラウマの歴史を、4人兄弟の末弟が、過去に遡って丹念に紐解いて行く……。


ノンフィクションの小説です。
しかし、とても現実にあった事とは思えません。
家族を蝕む暴力、絶望、闇はどこから来るのか?
読んでいて、その救いの無さに打ちのめされます。


子供に虐待を繰り返す父親、ヒステリーな母親。
呪われた家庭で4人の兄弟が育ちます。
父親の虐待のせいで、子供達はどうしようもなく歪み、人を傷つけ、その分自分も傷ついていきます。
ただ、家族を結びつけるのは憎しみの感情だけではありません。
いびつに歪んでいるものの、確かに愛で繋がっています。
そして、そのせいで物語は深い悲しみと絶望に包まれています。

     続きを読む

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学
先週の金曜日にスロットで13k負けて、月間連敗記録が5に更新されました。
ちょこっと書くと、番長で投資9kで青7が3回揃うも、1G連せず・・・。
+1k。

吉宗でボーナス3回揃うも、全てバケで-14k。
仕事もしないで、変な替え歌作ったバチかなw?

1G連しない病とREG病を併発しております。
勝てるわけがないw。

月間収支が負け組になったために、今週はちょっと控えます。

     続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック
先週土日にみやこさんのブログでお薦めされてたメゾン・ド・ヒミコを借りに行ったのですが、貸し出し中でした。
で、他になんかないかなーっと思ってフラフラしてる時に思い出したのがクレヨンしんちゃんの映画。


クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
雑誌映画秘宝が毎年選定している映画ベスト10で、アニメーション作品としても邦画としても唯一ベスト1に輝いた(2001年度)作品である。
「子供についていった大人が号泣してしまう」映画と話題になり、公開終了後に映画への評価が格段に上がった。多くの評論家が「2001年の邦画ナンバーワン」と断言したことでも有名。


クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
カンヌ映画祭の審査委員長、スタッフから映画祭終了後に「何故これほどの名作を出さなかったんだ」と絶賛されたという噂もある。
本作を劇場版クレヨンしんちゃんの最高傑作とする意見もある。


(以上、ソースとリンクはウィキペディア。)

と、やたらに褒めてあるのを思い出しました。
正直、クレヨンしんちゃんなんて幼児向けの下品なアニメだろ?
そんなもん興味無いなー、とは思いつつもネットの高評価に押され借りてみました。
その時は友達と居たので、俺が”大人帝国”を借りて、嫌がる友達に無理矢理”戦国大合戦”を借りさせて、見終わったら交換っちゅー形で。

で、感想ですが・・・。

     続きを読む

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。